ワタシ走れるんだ!

サブ3.5×ウルトラ完走を目指すイラストレーター

水曜日の練習会

知見あり。

f:id:nvs:20191121161423p:plain



今の自分では地獄練にまで持っていくことができない。

追い込めるところまでまだ全然追い込めてもないし、フルへの移行もできていない、フルへの移行というのは目標タイムに対する持久力がついているかということもあるんだけど、持久力は少しは向上している、しかし少しだ。
なので持久力については少しとは言っても向上しているのは嬉しく、しかし程度が低いので少しガッカリしている。これは自分の練習ですでに自覚していること。

 

もうひとつが昨日の練習会で得た知見で、スピード耐性がついているかどうか。

ここでいうスピード耐性というのは、意味的には自分だけの造語で使ってます。

フルで3.5ラインが目標なら'4:58ベースになるじゃないですか。ペースの上がり下がりを加味するとしても平均的にはこの辺りのペースが持続できないと達成は難しい。'4:58クリアでいいというのではなくて楽にスピードが出せる方がいいよね、ということでせめて'4:30くらい5kmでも、なんなら3kmでもいいから出せるようにしておきたいわけ。ラストスパート数百メートルでもできれば全力MAXスピード出したい欲。スピードに対してもっと耐性が欲しい、欲しいのよ(T T)ぅぅぅ

んで、スピードが出せない自分のロングとかミドル距離で出せるMAXがどうも'4:35が限界でしかも1キロくらいしか持たん、限界なので至ったところをピークに落ちてしまう!!!!スピードの耐性ゼロや〜〜ん⭐️←走りながらピークで見えるお星様
相変わらず'4:30なんて全然、そびえたつ壁だ。

 

坊っちゃんスタジアム、テニスコート周辺のコースの様子

f:id:nvs:20191121162201j:plain

f:id:nvs:20191121162218j:plain

f:id:nvs:20191121162243j:plain

アップしてたら主催者様も走られていた。人徳の塊につき、後光が差しています。

f:id:nvs:20191121162358j:plain

ちょっと暗い区間

f:id:nvs:20191121162432j:plain

集団でアップされている方々

f:id:nvs:20191121162526j:plain


コースは街燈が照らしてるので足元はよく見えた。

競輪場周りが暗いのでアップを兼ねた試走で凸凹具合とかいろいろ確認しておくのが安全だと思う。

f:id:nvs:20191121162539j:plain

8時からスタートするので5分くらい前になるとランナーが集まっている。
テニスコート前で主催者様のノートに名前を記帳して受付。

 

練習会でのメニュー:10kmBU

  • Aグループ '4:30~'3:40
  • Bグループ '5:14~'4:10

f:id:nvs:20191121220413p:plain

時計回りで8周

練習の風景

50人くらい集まった。
自分はBグループのBUでペーサーの人についてゆきました。←もちろんBグループ


Aグループ、入りが'4:30でいつもより速かったよう。ワンオクのコンサートがあったので帰りの混雑を気にされていて早く終わろう!って最初に言ってたからかな。

途中、設定ペース関係ない上位が風のように抜いていったとおもったら、Aグループが後方からやってきて追い抜いていった。その際Aグループのペーサーさんが'3:40ー!ってペースを言ってたので、はっや!!って思った。トップ通過'3:04てなんなの。
そして私の後ろにはこのあいだの神戸を2時間41分で走った人がずっとずっとおしゃべりランしててもう何がなんやら。Bグループで疲労抜きジョグやってるんかなあ汗

自分は喋る余裕ゼロですんで聞いてただけだけど、神戸マラソンの最後の方で脚つったけどキロ4で走ってきた人がいたからついていくように切り替えたらそのまま走れたとかなんとか言っててもうなんかもう・・・ペーサーを見つけて切り替えができてyokatta!そういうハナシなんかな!?とか脳内変換してきいてた。そしたら急に「あ、トイレ」とか言って2:41さんトイレに寄って離脱。と思ったら1周するころには、「戻った!」って後ろから追いついてくるの・・・そこにAグループ上位のキロ3で追い抜いていく人が流れ星みたく追い越してく。

次元が違う人たちを週一で眺めることができる、

それが水曜日の練習会ヴェルタースオリジナル


「私の」練習会の内容

ペーサーさん、1kmごとに綺麗に5、6秒(振れ幅はあっても4〜6秒)で一段ずつあげていく。途中、10秒上がった区間があったので「あ、上げすぎたッ」って言ってたけど、次の1kmも同ペースで維持されて淡々と上げていた。
そして結局ついていけたのは7kmまでなので以降のBUはもっと上がっていったのだと思う。ラスト'4:10だしね。
7km地点'4:35で落ちてしまったー根性なし!!って落ちるのわかってたけど

とりあえず8、9km間は10秒落ち(:自分比)で一人でヒーヒー頑張り、最後の1kmだけ根性で'4:36に無理やり上げてチーン。

 

f:id:nvs:20191121220538p:plain

こういう状態で、次に自分がどう練習会を利用すればいいのか考えてみた。
10kmのペース走を10km持久走的MAXゼーハーするような地獄練はナシ。とてもじゃないけどまだそこまでもっていけない。
集団で走るのはいい刺激になる。
'4:35でついていけなくなるのでついていけなくなった時点でそれ以上ペースを落とさないで心肺の追い込みをするorついていけなくなる一段前のペースでペース走に切り替えてラスト2kmでBUに切り替えて心肺を追い込む。
かな…………向上するための練習。

今の私だと閾値のスピードは'5:00〜あたりで遅い、閾値走もしくはT.Tなら一人でできる練習だ。一人で追い込めるところはやっといて集団でセッション。

ここから上げていけるかどうかというと防府まで3週ちょっとで微妙、難しい。
今年2月時点のスピードにまだ届いてない。今からじゃそんな上がらないよ。見通しが甘いというか想像してた通りな感じで気持ちが下がる。もうちょっと「え!?調子イイかも?!」な日があったらいいのに←甘い


去年5ヶ月かけて閾値走とT.Tをちょっとずつちょっとずつ積み重ねてやっと上げていったスピードに対して数週の突貫で上がるわけがない。

まあ、なのでフルの走り方は絶対に暴騰とかナシだ。3.5が遠い。

 

 

がんばれアタシ

 

読売防府ラソンまで[あと24日]
愛媛マラソンまで[あと80日]