ワタシ走れるんだ!

サブ3.5×ウルトラ完走を楽しむブログ

~10月20日オーバートレーニング日記(2)+追記

※前回の

nvs.hatenablog.com

とダブってる内容がある。前回のは8日の日記。不安が滲み出てるなー

 

9月 300kmは一応走った(めんどいのでスクショ省略

 

10月 走れば走るほど色々酷くなるので休んでます
色々酷いというのは体調。疲労。相乗効果で気持ちも辛い。
診断をうけたわけでばないけど症状的には完全にオーバートレーニングにあてはまる。軽症(ジョグで辛い程度)ではなく、たぶん中度。→日常生活にも影響するめまい、風邪症状等
重症まではいっていない と思う。

最初は背中が痛く重く、でも気胸やらかした時ほどではないが明らかに呼吸が浅くて階段の上り下りが地味にしんどい。走るとキロ6でもしんどい。スピード?そんなの忘れた。
一度大きく体調を崩したことがキッカケではあるけど、それまで練習負荷が大きかったこともあって一気に全部が落ち込んだ。

オーバートレーニングからの回復のため、
①練習は有酸素のみ
②距離は半分で 
③高糖質食+栄養価の高い食事と良い睡眠
で3~5週間すごせと書かれてあるので観念してそのように過ごす
できるのか?
3週間も?、でも長引いたら年末までずーーっと同じ状態繰り返すだけ。
去年と同じ失敗をシーズン中引きずりたくない。
それに去年よりずっとパフォーマンスが落ちてるのでずっとずっと悪い状態。
もうスピードやめてもいいわ
走れなくなる方が嫌だわ
しんどいまま走りたくないわ

という流れもあって、
他の人のログを見ると刺激になっていつも通り走ろうとしてしまうパブロフの犬なのでSNSはほぼオフラインにすることにした。これは前回分10月8日の日記にも書いたとおり、なるべく見ないようにしている。
ストラバの同期を切ってるし、そもそものGarminも非公開に設定した。
疲れないように心拍130あたりで走ってる。

 

10月は2日続けて休む等あまりやらないことをして、更に3日続けて休んだりした。こんなに休んだの何時振りだろう

テーパリングで休むことはあってもこんなふうに休む習慣がなかったので最初は落ち着かなかったけどこれも良い生活だなあと思う。SNSも見なければそんなに必要ないなと思う。ブログは練習日誌+日記として役に立つかなあ?頻度はもっと減らしても問題ない気がする

定期検査

10月16日のこと
定期的に検査を受けてるので採血の結果が気になっていた。
しかし結果はまるで異常なし。血もどっちかというと濃いっていう
「ええ・・・ヘモグロビン濃度とか濃くてもフェリチンが少ないとかなんかないんですかセンセ・・・」かくれ鉄欠乏症とかつまりは貧血あるんじゃないんかと疑ったけど一瞬で否定された。
先生「めっちゃ濃くて健康な血ですね、どう見ても」
オーバートレーニング症候群!確定した。

この2週間で改善されたこと


背中の痛みがほぼ消えた。呼吸がラクになってきている。しかしまだ完全ではない
スピードはまだ全然。でもスピードいらん、スピード練習はしない、しない、しない
といいながら先週末に15分程度負荷をかけてしまった。走ってたら急にラクになったので数キロほどそのまま走ってしまった。
まだしばらくジョグだけでリカバリに努める

 

追記17時前

日記をアップしたのが昼休み

仕事終わり間近、背中が痛み出す。しんどい。→今日もランオフかな 

それとも歩く程度のことはしたほうがいいのか?

 

日曜日(18日)に庭木を切って片付けて+草抜きを4時間諸々やっていた影響か

またヘロヘロ状態に退化したような気がする。

しばらくアタシに日常的な重労働をやらせんといてくれ(心の声)

 

10月8日オーバートレーニング日記(1)

10月8日 仕事終盤から鼻水が止まらなくなる
堀江うみてらすの方角に虹

f:id:nvs:20201008142156j:plain
走り始め:少し背中が重い→また少ししんどさが逆戻り
→やはりしんどい→5:40ペース維持がやっと
ペースアップしても5:15がいいところ

走り終わってくしゃみが止まらなくなり風邪引きぶり返し

走れば走るほど以前のように走れなくなる状態に陥っていることに9月半ば頃にやっと気づいた。
そして体調も良くない、息切れ、背中が重いなど内臓系にもダメージが常に残っている。
オーバーリーチングを通り越してオーバートレーニングの症状に完全に当てはまる状態。

アドバンスド・マラソンレーニング/ピート フィッツィンジャー、スコット ダグラス著にオーバートレーニングからの回復には休養と高糖質食が必要とあり、休養といっても完全休養ではなく運動の量と質を落とす:負荷が低い有酸素の運動が好ましいこと(質)、距離は半分に落とす(量)、睡眠を十分とって高糖質食で回復させよという。で、3〜5週間で回復すると。
落胆した。そんなにかかるんか…重度だと5〜9週間かかるんだと。マジか。

涼しくなって負荷をどんどんあげていっている周囲の活動を見ると焦りが生まれる+がんばって走ろうとしてしまう(走ってはいけないのに)ので情報を閉じて黙々と粛々としています。
ストラバも人のトレーニングを見てしまうと刺激されて頑張ってしまうので見ないように、見ないようにするためにガーミンとの同期接続は切りました。

スピード練習禁止、有酸素のみ、距離(量)は半分に抑える
こんな簡単なことがなかなかできない。
スピード→ちょっとくらい出せないかな→出せないまま終了→気分激落ち→そもそもスピード出すなって言われてるのになぜそこで意地を出そうとするのか
距離半分→平日12km走ってたから6km!→1〜2kmオーバーする→まあ許容範囲でしょ→風邪引き症状ぶり返して後悔の要因に

 

負荷を落としたら途端に連日ピーキング、現在5日連続最長記録更新中

V02Maxの傾向も56まで上がるし

f:id:nvs:20201008142251p:plain

まったく参考にならないガーミン のトレーニングステータス。週間負荷だけは低すぎるのでもっと上げろって言ってくるがそれもダメなアドバイスだわ…


7月・8月はそれなりに走れていた。7月は足の不調で前半を抑えてたからちょうどよかった?、8月はGPSアートでちんたら走ったおかげ?そんなに疲れることはなかった。
4月から平均350km走っていたこと、それもスピード練習も定期的にこなしていたこと、そんなに疲れてないからこのままこれが普通になるんだと思っていた。

しかし疲労の感覚が麻痺気味(しんどいのが当たり前になってしまっている)で1〜2ヶ月前のスピードが出せなくなってるのが現実

甘かったんかなあ?
今日も背中が痛い。息苦しい。
途中、鬱っぽい状態にも陥った。走るの止めようかなってなった。自分でもこれはおかしい(鬱っぽいぞと)自覚があった。起き上がれないほどの症状じゃないけど脳が疲労してる感があって何をするにも無気力、そして無気力を隠して生活してる感覚がある。

口唇ヘルペスが発現していたのでヘルペスが悪さをしていたんだと思うが、上記のことから気持ち的に辛いのでもう歳だからこんなふうになったんだと考えるようにした。
本当はもうピークが過ぎて落ちる一方なのに、トレーニングし続けていることで今の状態に踏みとどまれているなんだと。去年からすでにそういう兆候が現れていたのだと。
そう思うと少しラクになった。

というわけで、足は全然疲労も故障も怪我もしてないんだけど、ウルトラ走ったわけでもないのに去年より酷い状態。内臓とハートが。

オーバートレーニングからの回復はまだ遠い?

f:id:nvs:20201008142202j:plain


もうブログもやめても良いかなと思いながら一応続けるモード

 

 

物置の解体

9/12 物置設置


17年つかってきた木製の物置の一部が朽ちたので新しい物置を注文した。注文は二週間前で本日新しい物置が配送されたので設置入れ替え、木製の物置は大型ゴミに出すため解体した。
組み立てと設置は業者にお願いしたんだけど、旧物置の引き取りは旦那と自分で片付けを頑張ることにしたので、予想通り大変疲れた。

今日、ランオフで完全休息(休足)だけどだいたいランオフの時ってそれなりに労働してて休めてない気がする。
ばらした物置をゴミで回収してもらえるまで家の裏にとりあえず移動したんだけど、これがまあなかなか重い。非力なせいで木の扉など1枚1枚移動させるだけですんごい疲れた

体調


夏(8月)の最後だからってなんかやったる的に初めての過負荷トレイル+ロング(幸次が峠〜高縄山)で想像以上に疲労が抜けず。

幸次が峠〜高縄山(8/29)のあと、免疫力低下したのか2日間歯が酷く浮いた感じになり、3〜4日目は歯茎腫れまくり、その後は徐々に回復したんだけど6日間くらいまともにご飯が噛めなかった。
ご飯が普通に食べられないと食べる行為が普通にできないっていうところからメンタルが弱るのか気分が落ち込み気味。そこに月のものが来たので体調とメンタル両方が地の底に沈む。


ご飯食べれない(食べてはいたけど)+歯茎いたい+頭痛取れない(たぶんPMS)+抜けない頑固な疲労で辛みの二週間だった。

スピード練習しようとしても全然スピードなんて出なくて、ほんとに毛ほども出ないのでやりたくない。
この状態が数週間が続いているので「どうせ速くならない」と思うし、このイメージがさらにスピード練習に対する嫌悪を高めていて走るのが嫌につながってしまう。

スピード練習やめたらきっと苦しみは消えるなあ、その分楽しみも減るなあとか最近特に思う。
去年はひたすら10月の四万十川ウルトラマラソンの為にウルトラの練習をメインにやっていたので同じ時期にスピードに対して病むようなことはなかった。(走りすぎて不調にはなったけど)

涼しくなったらペースは上がってくるからとありがたいお言葉をもらうも、去年なんてスピードが戻ったのって12月末だった上、それほど成長がないまま瀕死でシーズンを終えたのだった。

8月振り返り

今年の8月はいろいろだった。
GPSアート3本やったことがまず一つ。忍耐を育てるだけだと思っていたけど、LSD効果が高かったのか翌週のスピード練習がとても調子が良かった。リカバリー週に定期的にやるべきなんだろうか?

 

3週目

お盆には少し遠出をして12日に父母ヶ浜、14日に高知県の道の駅やすへ。

 

父母ヶ浜

f:id:nvs:20200831162343j:plain

f:id:nvs:20200831162335j:plain

ウユニ塩湖のような写真がとれる映えスポット。夕方が一番フォトジェニックなタイミングでサイトには

絶景の見れる条件
・干潮と日の入り時刻の重なる時
・風がなく水面が波立たない時
・日の入り前後約30分間のマジックアワー

父母ヶ浜絶景の見頃カレンダーも載っている

www.mitoyo-kanko.com

f:id:nvs:20200831162328j:plain

f:id:nvs:20200831162335j:plain
父母ヶ浜のOKAZAKIでチーズバーガーを食す。テイクアウトにして車で海を見ながら食べた。パテがバンズからはみ出ていて肉肉しく肉汁ドバ〜!美味しい。

f:id:nvs:20200831162412j:plain

f:id:nvs:20200831162343j:plain

f:id:nvs:20200831162350j:plain

数ミリの小さい蟹がたくさんいるよ

 

道の駅やす

 

yasea.jp

上町池澤本店 ヤ・シィパーク店の金目鯛のタタキ丼。これも美味。身の旨味が濃い!

旦那はカツオのタタキ丼。

f:id:nvs:20200830112915j:plain

f:id:nvs:20200830112728j:plain


高知の藁焼きはほんとにおいしい、お土産用に販売所でカツオタタキを買ったんだけど、そこのは薫製したような香りがついていた。これは好みが分かれるところだと思うが、やすにしてもお土産の香りのあるタタキにしても自分の好みではなぶらの塩タタキが今のところナンバーワン。

nabura-tosasaga.com

 

4週目

バーチャルでのハーフ参加も初めてだったので新鮮だった。
SEAWHEEZE バーチャル・ハーフマラソン、スムーズにアクティビティが終了できず難儀したけど勉強になった。

ハーフ自体は真夏にキロ5で通せたのは上出来だと思う。自分にしては。

負荷が高くてここらへんからステータスがアンプロダクティブ。

f:id:nvs:20200826145134j:plain
 

5週目〜

前半からGPSアートとかハーフのレースなど平地ばかりを走っていたことから、獲得標高がやたら低いことになっていたので4週目は平日のジョグに3〜4kmの上りを入れることにした。その週末には峠走と峠走+ちょっとトレランで山のメニューに盛り上がった。よくやったな!って思う!

 

f:id:nvs:20200831230812p:plain

f:id:nvs:20200831230847p:plain

計測忘れ2kmを手動入力しているのでそれが入っていないStravaは少し数値が低い+あとはGPSの誤差

 

TrainingPeaks

f:id:nvs:20200831231010p:plain

すこしずつ上がってる。CTL100でうろうろするようになった。

f:id:nvs:20200831231018p:plain

月間TSS(´д` ;……2999って…3000届かなかった



 

 

8月は360km走りました。 獲得標高は終盤がんばって4267m。

結果的にかなり頑張ってしまった。スピード練習はあまり挑戦的にはできてない(いつものこと。

牛谷と幸次が峠と

8/28金曜日 牛谷から幸次が峠


今年1月に上った牛谷へ

30km走翌日の峠探検隊 - ワタシ走れるんだ! 肝心の「牛谷」の地名をいれてなかった

 

YAMAPをみる河野地区→牛谷から五明の幸次が峠に道が続いている。1月に上った時には藪で道が塞がれていて進めなかった。
進めないかなあ?MAPを重ねてみると引き返したほんの数百メートルで幸次が峠に到る。

A:自宅から牛谷→幸次が峠なら片道5.5kmくらい(獲得標高約500)
B:佐古を通って五明の菅沢町〜エリエールに上る片道13~4km(獲得標高約700)
Bはいつもの峠コース、Aが可能なら自宅から五明へたった5km余りでアクセスすることができる!

冒険してみたくなったので早速行ってきた!

f:id:nvs:20200830230259p:plain

 1月と同じところまで上ってそれ以上進めず撃沈

f:id:nvs:20200115144649j:plain

1月13日のときの写真 同じくここで引き返すことに



手袋も持参で掻き分けてみたけどトゲのあるツル植物や雑草とか凄くて危ない・痛い・足場がない(見えない)、そこに虻の総攻撃で退散する羽目になった。

f:id:nvs:20200830112212j:plain

牛谷の地蔵堂

www.google.com

f:id:nvs:20200830112206j:plain

f:id:nvs:20200830112219j:plain

f:id:nvs:20200830112226j:plain

消化不良で悔しぃ

MAPを見て五明側から幸次が峠から牛谷にどこまで近づけるか確認しに行ったろかと思った。
でもやっぱり一人で草木を刈るレベルの話じゃないわけで、頭を切り替えることにした。
いつものBコースで幸次が峠へ行く。

くぅ、幸次が峠まで14km移動か… 

 

幸次が峠

www.google.com



8/29土曜日 五明 幸次が峠〜高縄山ルート


結論から言うと
佐古→菅沢町→(エリエールゴルフクラブ)→幸次が峠:ここからトレラン→大月山→石ヶ峠→県道 舗装路→高縄山→自宅ゴール
やった。
まだ自分には早かったかもしれないと思いながら幸次が峠から石ヶ峠を抜けた。

f:id:nvs:20200830230308p:plain

ガーミンコネクトのトレーニングメニューの「コース」でルートを作成してナビゲーションを頼りに上った。
ガーミンのMAPってGoogleMapにない道は表示されないんだけど、「コース」で幸次が峠を起点に高縄山に次のポイントを置いたら勝手にルートを作成してくれた。これはYAMAPで作成されてるルートと同じ内容。
YAMAPから山のコースをDLしてガーミンで読み込んでも同じではあるけど、ガーミンも登山ルートのデータを持ってるっていうことなんだろうなと思う。(他のユーザーが持ってる情報の蓄積)

f:id:nvs:20200830231813p:plain

YAMAPに自分の走ったコースを乗せてみた

前日(金)の牛谷がピンク、翌日(土)高縄山ぐるっと回ったのが赤

f:id:nvs:20200830231242p:plain

緑が進めなかった道↑

 

エリエールゴルフクラブを降りたところから幸次が峠までの道。

f:id:nvs:20200830112403j:plain

f:id:nvs:20200830112410j:plain

f:id:nvs:20200830112417j:plain

幸次が峠のすぐ手前にあるカワフジ養鶏場
綺麗に撮れてないのでわかりにくいけど看板に書かれてある→登山の人も駐車していいそう、なんて親切なんだ!
車で来てたら産みたて卵買って帰ってた!

f:id:nvs:20200830112424j:plain

幸次が峠はすぐそこ、この先

f:id:nvs:20200830112431j:plain

幸次が峠から先

綺麗なのは進んで100m程度。

f:id:nvs:20200830112444j:plain

「四国のみち」ということで、整備されてる方なんだろうけど、蜘蛛の巣がすごくて落ちてる枝を縦横無尽に振って巣をからめ取りながら進んだ。

f:id:nvs:20200830112450j:plain
頑張って枝を振ってるにもかかわらず巣を引っ掛けながら進む。勾配は高縄山の院内ルートより若干易し目。それでも20%超える箇所あり、落ちてる折れた枝がなんども足に引っかかり転けそうになる&虻を払いながら、枝も振りながら静かな山で一人忙しく忙しい前進w

f:id:nvs:20200830112457j:plain

長尾ノ坂 看板あったので撮った

このあと「乗り石」「一ノ平」「二ノ平」「シノベの大谷」「三ノ平」

写真撮る余裕なし←枝振り回すので忙しい

f:id:nvs:20200830112504j:plain

大月山の道標まで来た!!たしかMAPでは大月山の手前900mが勾配20%くらいだった。
これで激しい上りは終了?
大月山には寄ってない(何もないとの情報から、それに予定より時間がかかり過ぎてる←走って上れなかったから)ので先に進む
f:id:nvs:20200830112518j:plain

突然の展望台登り口の看板「寄っとくべきなんだろうか…」

f:id:nvs:20200830112511j:plain

寄り道するほどの展望台じゃなかった
でも一応写真くらい撮ろうとスマホ出してたらまたまた虻にたかられてウワ〜!!!ってなる


山は舗装路とは訳が違う
何気に道幅がせまくてよろけて足でも踏み外したら終わりだし、勾配がきつくてアキレス腱のびそう(院内ルートほどではない)だし、虫の襲来は虐めだし、走れなくて止まれなくて枝振るのに忙しくてタイヘン。

 

県道(舗装路)に出た


幸次が峠から50分かかった。

f:id:nvs:20200830112526j:plain
この細い階段を降りてきた。緑で埋まる階段(まだマシな方)
石ヶ峠も通過して高縄山側に抜けたゾ〜〜!!
「出たー!」ってリアルに声出した←めっちゃ嬉しかったので
振り返って写真撮った

 

 

高縄山展望台へ

このあと高縄山公共の駐車場でトイレを利用、高縄寺に少し寄って

高縄山展望台はもうやめようかと思ったけど結局きた。気持ち的にここまでのつなぎが地味に長いんだよね

f:id:nvs:20200831132135j:plain

f:id:nvs:20200830112559j:plain

しまなみ海道の方角から。

f:id:nvs:20200830112533j:plain

f:id:nvs:20200830112541j:plain

天気がいいのでしまなみの橋が写真にも写った。
カメラの性能が高くないので仕方ないが写真はボケボケ

f:id:nvs:20200830112553j:plain

f:id:nvs:20200830112547j:plain

鹿島と北条の平野。



展望台から降りてここで初めて座った。

f:id:nvs:20200831132107j:plain

展望台を降りておにぎり食べようと座った。
足元を見ると泥棒草だらけでヒエ〜〜 きもい…だいぶ取り除いたけどこれも撮っとけと


よくみるとリュックとかアームカバーとか手にも蜘蛛の巣とかいろいろくっついてて酷い状態でドイヒー 
手とか気付くやろ・・・と。どんだけ山が修羅場だったの

 

幸次が峠→大月山(看板)まで38分
(↓12分)
幸次が峠→石ヶ峠通過、県道 舗装路 50分
(↓28分)
幸次が峠→高縄山展望台 まで1時間18分

 

高縄山から自宅までまた登山道を降りて帰る(約9km)選択もあったけど、もうとてもじゃなくて←トレイルおなかいっぱい、舗装路(約14km)で降ることにした。

距離が多少増えても高縄山からの院内ルート登山道はここまで上ったルートよりキツイのだ!完全に逃げた。いやいや、利口に安全策です。だって大人だもん。
下り14km、なるべく5分半くらいを意識して降りた。下りが14km続くと四万十川ウルトラの下りみたいやなあと思うなど。


今回のルートで最初から心配だったのが水。
自販機が菅沢町までしかないので補給が足りるか心配だった。


水を500ml×2,120ml×2,スポーツドリンク250ml,
ゼリー(俺は摂取す)1個,おにぎり,飴・塩タブ,小銭等
8.9km地点で自販機でスポドリ500ml購入した。

自販はこの一回切りで終わりで高縄山駐車場には自販はない。
駐車場にあるトイレ(きれい)は水はあるけど飲料用ではない
高縄寺のたかなわ茶房は営業してるか怪しい←看板も案内も無くなっている。寺の手洗い水は多分井戸水だと思うので飲めると思うがそこは自己責任で。
わたしは掛水用に少し水をいただいた。
一応、最後まで飲む用の水は足りたけどギリギリだった。夏場は本当に危ないと思う。

初めてのコース初めての登山道、夏の山越えロング35kmを想像すると前日の夜から

幸次が峠(14km地点)から先が一人で行けるか不安で、幸次が峠までの上りも超やる気ないような歩き:戦略的歩きともいう を交えて体力+精神安定力の温存wに努めました!←言い訳
帰ったから言えるんだけど、昨日の夜から不安で不安で(^^;同じことを二度ry

蜘蛛の巣の貼られ具合が激しすぎて、木の枝を振りながら前進するも脚も手もキャップとメガネも蜘蛛の巣まみれで山道を抜けた!
走れませんわあんなん←言い訳!!

でもとうとうやったよ!夏の終わりに自力で五明から高縄山に上ったよ!!

日曜日はちょっと股関節がぎこちなかった☆

 

牛谷と幸次が峠と なぜか高縄山まで負荷を上げる峠走からの山越え 2020夏 

すごい夏だったな(まだ終わってないけど

 

ルート名称メモ 
幸次が峠〜長尾の坂〜乗り石〜一ノ平〜二ノ平〜シノベの大谷〜三ノ平〜大月山〜石ヶ峠〜
178号線(道標)〜高縄山駐車場〜高縄寺〜高縄山展望台〜178号線〜北条方面へ降る

 

yamap.com

 

You crushed your goal!!! 〜SeaWheeze バーチャルハーフマラソン2020〜

初めて海外のバーチャルマラソンに参加した。実物のメダルを送ってもらえるマラソンなので参加してみようと思って。

www.strava.com

raceroster.com


有料だけどStravaのチャレンジだからなんとかなるだろうとチャレンジに登録。
ここから約二週間後にSAN値をゴリゴリに削られようとは…
申込から登録から走って完走後もすべてよくわからない…まったく最初から最後までスムーズでなかった

①8月13日にストラバのチャレンジを経由してエントリー、SeaWheezeへ入金・登録

→いつものチャレンジ参加なら登録後に表示が変わるし、自分のチャレンジ中のバッジも表示されるんだけど、
何もなし。

②8月19日に発行されたコードを入力+Race RosterアカウントにSeaWheezeバーチャルマラソンの登録をしてアカウント情報とレース参加を有効化
→アカウント有効も申込とレースへの登録が完了したこともSeaWheezeのみのお知らせで、Stravaは何も変化なし

③8月21日にハーフを完走
→Strava、チャレンジ完了のバッジを表示しない

④8月22日〜Stravaサポート、lululemon Seawheezeサポートへのメール、Seawheeze facebookチャットでの連絡
→エントリー時にfacebookと連携しといて良かった。

→Seawheezeチャットの窓口すごく親切だった。

⑤再度Stravaサポートにも連絡→放置される

facebookでlululemon Seawheezeより返信・対応 サポートメールも翌朝返信あり

⑦Seawheezeよりチャレンジ終了のメールあり

⑧8月26日 Stravaからチャレンジ終了の報告とバッジ表示
 →忘れた頃にやっと動くStrava

 

のっけからよくわからなかったので、ハーフチャレンジ後にコミュニティのコメントを見てみる。(英語わからないのでgoogle翻訳を利用)
完走の報告をあげている人にはStravaの仮想バッジが表示されていた。
完走したにもかかわらず、バッジが表示されてない人の質問には公式lululemonが完走したら数時間以内にはバッジが表示されますよと答えている。
そうか、走るまで仮想バッジは出てこないわけね。

 (後日一部で障害が出ているコメントを見つけることになるが)

ということでとにかく走るしかないなあと、8月21日夏の朝がんばるハーフ。
夏だし、補給も持って走るので無理禁で、、でもレースとつくからには+メダルも頂くからにはそれなりにやってやる気でないとダメだ!ダラダラしない!で頑張った。


頑張ったあと一向にStravaはバッジを表示しない。
なぜ
なぜだ
このレースはStravaが完走を捕捉してバッジが表示されているのが条件なのにこれはちょっとおかしいのではないか?

不安なので再度コミュニティーのコメント投稿を見てみる。
メダルが表示されない報告をあげている人が一人だけいた。他は完走とおめでとう〜!の楽しそうな投稿ばかり。
完走したのにStravaの自分へはバッジが表示されてないことをコメントしてみた。
lululemonから翌日返事がはいっていて、Stravaが認識してないならStravaのサポートに連絡してくれと。他の投稿者(バッジが表示されてない人)にはそんな返信してないのになぜ。。


22日Stravaのサポートに連絡
コロナ禍対応なので対応に時間が云々〜からの〜全く的外れなQ&Aが送られてきて本日26日まで放置。

Seawheezeはfacebookでの返信が早くて優しい対応をしてくれた(感謝

ハーフ+10kmのチャレンジ期間が終わったら、チャレンジページが表示されなくなり、私と同様完走バッジが表示されない人たちがどんどん声を上げ始める。どれもこれもなぜStravaはチャレンジ完了バッジを表示しないのだ!!と。
lululemon Seawheeze公式は一人一人に連絡先を確認したり対応していて大変だろうなあと思った。
一方Stravaサポートは相変わらずなんの知らせも告知もない。

どちらの不具合か知らないけど、もうなんか無駄に疲れたくないからあまり考えないようにしていた。…メダル(T T)、課金してまで走った真夏のハーフ…ぐーるぐーる

とはいえ、サポートに連絡は入れるないとイカンと思うし一番の壁である英語でやりとりしないといけないし、翻訳だけを頼りにメッセージを読んで返信して、とやっぱりすごく疲れる。疲れた。
慣れない海外の仮想マラソン大会にエントリーなんかするからこんなことになったんだ。←後悔はしてないんだけどひたすらこの馬鹿が!!!って己の学のなさを責める自分がいる。

勇気出して参加料28ドル+寄付5ドル払っといて、英語もよーわからん。入金後、大会のイベントコードが送られてきていることに数日気づかず、イベントの登録が遅れたのにも冷や汗かいた。気づいてよかったが馬鹿はいちいち頭が悪い分疲れるし苦労する。


Stravaは今回のことで評価めちゃくちゃ下がった。なんなのStrava。
ひどいのは26日の朝に※チャレンジは23日に終了している
「(Seawheezeバーチャル・ハーフマラソン)チャレンジに参加します」
「チャレンジを完了しました」
が来たこと。

f:id:nvs:20200826145134j:plain

チャレンジ完了もだけど、エントリーしたところ(13日入金)から同期できてなかった!?お金まで払ってるのに!?

 

Seawheezeは最後までしっかりサポートしてくれてすっごく感謝した(←単純なので)のでアンケートにもすごーーく丁寧に答えた。最後のなんかメッセージある?って欄にも最後までありがとうって入れておいた。

最後のSeawheezeからのおめでとうメールに、英語まるでダメなせいで最後の最後までビビらされる私。

「Hi 新米ちゃん,
You crushed your goal. Now what? Follow these easy steps for a smooth post-SeaWheeze recovery.」

 

 

翻訳で直訳するとYou crushed your goal.→あなたはあなたの目標を押しつぶしました。
(@ @; まだStravaが全くの問題解決前だったのでビビった。


crushed your goal押し潰したとか打ち破ったとか、、一瞬Crushed my headですわ。もーー英語よーーーわからん!!!

目標達成したってことなので心配無用ではあるんだけど、そういう言い回しするもんなん!?

検索して編集物のタイトル等にHow to CRUSH Your Goals=目標を達成する方法とか出てくるのを見つけて安心した。無知はいちいち疲れるし苦労する

3ヶ月後くらいには完走メダルが送られてくるので楽しみにしておこう。

坊ちゃんも愛媛マラソンも1年延期だし(中止って言わないんよねー)何もないしなんかこうどうしていっていいのかわかんない。

SeaWheezeハーフの後なんか疲れてて眠気がとれず最近は余裕がなくブログもあまり見ない、昨日は急にランオフして夕食をゆっくり作った。

 

ブログ巡回してない。誰も待ってないと思う。それに私の日記もたぶんそんなに読まれてないのでいつものことなんだけどブログというより日記として日記はだらだら書くよ。

GPSアートに挑戦

f:id:nvs:20200816123423j:plainf:id:nvs:20200816123428j:plainf:id:nvs:20200816123434j:plain


なつやすみ 8/7
うちのコ(眠るダックス)8/13
夏の必需家電 8/15

 

自分のやった手順


まずマップをみて図を道に乗っけてみる
Googleマップで気になる箇所:通行可能かどうかなど確認しながらガーミンコネクトのメニューでコースを作成。
レーニング→コース→コースの作成→コースタイプの選択でサイクリングやトレイルなどメニューがあるのでランを選択して作成
コース名をつけて保存して「デバイスへの送信」で245と同期したら、245のメニューのナビゲーションの中に作成したコースが入っているのを確認できる。

 

夏の必需家電データ (公開)

https://connect.garmin.com/modern/course/39737424

 

思った以上にペースは上げられない


走ってる最中、道がわからなくなったり(正しいルートを走れているか?)進行ルートの順番がよくわからなくなったり、一番に初めて通る道を確認しながら進むため普通のジョグにもならず、ランの練習にはならない。

ナビを使ってわかった事


キロ6くらいで進んでいるとGPSは自分の5〜10m後方を捉えてるようで、「45m先で右方向に曲がれ」の指示が出たとすると30m程度先の曲がり角で曲がるのが正解だったりする。角で止まると数秒遅れでGPSが追いついてきて0mになる。
残り11kmあたりになるとなぜかゴールまでの距離が表示され○m先で曲がれ等の指示が出なくなる


事前によく確認しておくのがとても大事


スタート地点の位置と周辺の確認。支点になるのでスムーズにスタート地点に立てるのは大事
というのもスタート位置に迷わず移動できたのは3回目だった
通行可能かどうかのルート確認の中に、道を横断できるかどうかも忘れないように。大通りで横断できない、川沿いで橋がなくて渡れない、自動車のみの道で歩行不可である等々。安全第一!

 


走りながらランニングの練習にはならないなーってわかってるけど何度も思ってしまった。それと同時に、ナビで確認しながら「いま背中(うちのコ)」とか「あと羽2枚(必需家電)」とか線を辿って図柄が出来上がってくるのが唯一の励みに。

 

大変だったのが補給。補給で寄り道をするとずが崩れたり余計な線が入るので補給食と水を余計に持って走った。
2本目で確認できたのが補給(自販機等)でルートを離れる場合は計測を中断して移動〜元の場所に戻って計測開始で大丈夫そう
これが1本目(なつやすみ)までよくわからず、自販機に寄ると残したくない線が残ると思って素通りしたのが辛かった。

1・2本目は最寄りのルートで田んぼの田舎道がメインで陰がほぼ無い。1本目は距離が16kmだったけど、2本目は22kmで時間がかかる分ちょっと危険を感じた。
3本目はうちの地域よりは区画が入り組んだ街なので図柄も細かく表現しやすく、自販機もたくさん有っておまけにコンビニも点在しているので安心感が高かった。田舎とか山とか峠みたいに遭難する確率低め!
さらによかったのは住宅街は8時台では陰があること。

f:id:nvs:20200816130938j:plain

一方向の方角だけではあるけど、陰皆無で隠れるところがない田んぼ道とは天と地の差です。ウォーキングの人、家先で掃除などする人、自転車、原付等、走る上では注意が必要だけどランニングの練習ではなく安全確認・安全第一のGPSアートでは利のほうが高かった。


やってみて
広島を走ってる人のマップを見ていて、こんなに道があったらアートとかできそうだなあと思って作成してみたのがきっかけで、そこから自分用にコースを作って走ってみようと思い連休最初に「なつやすみ」を走ってみた。
気温がそんなに高く無い日だったように思う。初日だったためスタート位置に立つのにグダグダ。

f:id:nvs:20200816124557j:plain

f:id:nvs:20200816123457j:plain

f:id:nvs:20200816123452j:plain

少し曇りがちだったので助かった。陰がないので逃げ場ゼロ


2本目の「うちのコ」を旦那に見せたら知らない人が見たらなんか分からんのでは?と言ったけど、まあそんなのはいいんだ。あんな走ってる間は忍耐しか育たない中で、いま尻尾だ、背中だ、閉じた目だ、耳、前足(手って)だ!と、うちのコの可愛い肉球とか思い出しながら走ってんだから。

f:id:nvs:20200816124607j:plain

f:id:nvs:20200816124745j:plain

なぜか鼻を隠して寝る

ちなみに手前の前足の途中で通行禁止看板がでていて短足犬が予定よりもさらに短足な上がりになった。


最後の方でお墓の横を通りかかって、水を腕と首と頭に被った。

f:id:nvs:20200816123535j:plain

ピーカンで写真だけみると天国

 

f:id:nvs:20200816123542j:plain

ラスト1kmあたりの蓮根畑。もうずっと日陰ゼロ




3本目はあまりの高温が連日続いていたのでビビって3時40分におきた←普段の自分からじゃ有り得ない
でも家を出たのは4時50分…… 
目的地最寄りの駐車場まで移動に40分、そこからスタート地点まで2km,なかなかスタートできないで焦る。

f:id:nvs:20200816124650j:plain

 

f:id:nvs:20200816125016j:plain

f:id:nvs:20200816125023j:plain

狭すぎる道で通っていいのか悩んで立ち止まった 道幅60~70sm程度で離合不可

なんどか方向がよくわからなくなって迷走したし、一度通り過ぎて戻ったり等しながら
とりあえず8時半くらいに終われた。

けどそこからまた駐車場までの3kmが長い・暑い、そんなに疲れてないけど気力がないの3拍子そろったランでした。

アート自体は始終GPSの線を辿る作業だった。

f:id:nvs:20200816125037j:plain

 

時々、ルートから一本外れて図を修正したりしながら走った。予定になくても道がわかっていれば現場で修正可能なのは気が楽でいい。

もっと都会で道が地下と地上と高架橋〜ビルの遊歩道など階層が立体になってたり対岸に渡れないとかの障壁がある場所は難しそうだなーと思う。

楽しいのは、よく知ってる地元でも全然知らない道を通るので、こんな道あったんだ!とかしばらくぶりの建物が新しくなってたり、公園の場所とか水のあるところとか無駄に情報を得られた事。

ただ、ランニングの練習にはならない!!!(しつこい)