ワタシ走れるんだ!

サブ3.5×ウルトラ完走を目指すイラストレーター

夏だから……出た…ホラーその②

8月16日PM14時頃
出たーーー血尿がーーーー

これが噂に聞く血尿?トイレ一面赤褐色!

水を流そうと立ち上がって振り返ったらコレだもんで目が点。
これ本当に私が排出したんですかね?ってゆう


16日は入院した親戚にかわって病気平癒の神社へお参り&お守りなど買いに行こうと南宇和まで行き、帰りの道の駅のトイレで自分が血尿やっちまってなんか気持ちが下がったんだけども、あの見事な赤褐色尿は1回こっきり。

前後は普通のお小水だしキレが悪いとか排尿痛があるとか頻尿とか一つも気になる自覚症状がない。翌日も普通の尿なんだけど一応朝イチで泌尿器科へ行った。泌尿器科は人生初です。

病院に行く前にまず「血尿 運動」とか「血尿 マラソン」を検索した。ツイッタのほうだとタグで一度にたくさんパターンを拾えるので便利だ。マラソン走って血尿出て「腎下垂」とか「ミオグロビン尿」とか。入院したりラン禁のひとがちらほら、一様に大した事ない一過性のあるあるが多いけど病気が隠れてたら嫌だしちゃんと診察してもらいましょうと出る。人生初の体験なので言うこと聞こう。

腎下垂なあ…先週末のF練のときちょっと背中側の腰あたりがだるかったけどアレかな?などと勘ぐっても無駄なのでさっさと受診。

さっさと受診したら一切異常無し。

早い。

出オチにする間さえなかった。

もう安心した。

 

やった検査はエコー(膀胱と腎臓)→尿検査。
検査時に尿検査で尿を取る為、溜めた状態でエコーを撮ったんだけど、膀胱に尿が溜まってるとエコーが見やすい(撮りやすい)そうで褒められました。膀胱がしぼんでるとうまいこと映らなくて病気を見つけづらいそう。
つぎにうつ伏せになって腎臓の位置を左右ともに確認。←下がってないか見てるのかな
膀胱・腎臓ともに異常なしで尿検査も血はまったく混じってないし成分も異常無し。

たぶん血尿ではなくてミオグロビン尿だったんだと思うけど、明確にはわからないしこれ以上調べようがないのでまた尿の色がおかしいようだったら診せてねと言われた。


THE健康!!!
また勝ってしまったか(病気に

 

 

でもちょっと反省した。反省というかどうしたら疲労の具合にきづけるんだろうか?となんか課題になったような。

こうして週間の練習量と内容みたらやっぱりかなり無理してたかも。

f:id:nvs:20190818011345p:plain

3日の黒森峠もきつかったけど、翌週10日のF練がまた暑い日で9時から昼前まであんまり陰がない国道を走った後、距離が足りないなあ(※F練で20km消化)と思って帰宅してから走りに出た、これが一番ダメだった気がする。

10km走ろうと思ってたけどあまりに辛いので途中でガードレールに寄りかかってみると、寄りかかった時、「すっごい楽〜〜〜」、で、え!?ラクさが尋常じゃない:普通に立ってるのがしんどい!?のでやっと疲労を自覚してすぐ帰ることにした。

 

そして13日の峠30km。

よくよくみたらF練から中2日しか空いてない。

14、15日はとにかくしんどかった。16日はだいぶラクになったけどまだ疲労が抜けてないなーと思ってたら血尿(もどき)。
峠走のあと小さい口唇ヘルペスが出たんだった。ヘルペスは完治。16日は口内炎がでて←1日でもうほぼ治ってる。

夏の練習で長期的な疲労に気づかないで茹でガエルになるところだったのかなあ。
でも疲労って気づきにくいよね、オン期に入ったら常に疲労してるし。スピード練習でタイムが出なくなったら疲労抜きができてないくらいしか判断材料がない。

 

今週踏んだり蹴ったりだけど今日、病院から帰ってバーガー食べて昼寝して起きたらすっかり疲労が抜けたのか、すごく体が軽かった。昼寝すごい。

軽かったので走った。

日中じゃなくてちゃんと17時以降の夕方に出たし、日差しも気温も落ち着いて走りやすかった。なにこれ、こんなにラクなのって久しぶりな気がするんですけど!?

 

メモ
8月16日PM14時頃 血尿 異常色の尿は1回のみ
8日17日AM10時 泌尿器科受診
尿に血は含まれず正常。
膀胱・腎臓共に異常無し
血尿ではなくミオグロビン尿,ヘモグロビン尿の可能性有?
足裏の着地の衝撃による血管内での溶血→ミオグロビン尿:赤褐色ヘモグロビン尿:コーヒー色
下肢の横紋筋挫滅→ヘモグロビン尿:コーヒー色ミオグロビン尿:赤褐色

(追記:ミオグロビン尿とヘモグロビン尿を逆に入力してたので修正しました)

しかし血尿的なのが出たタイミングが??フルマラソン中とかウルトラマラソン中とか走り終わった直後などは検索してたら出てきたけど、自分の場合前日ジョグして翌日に出る?車で移動しててほとんど歩いてもない日中に立ち寄ったトイレでって。

真夏の峠走…ホラーその①

ここ3週間ほど週一の30kmロングができてないのが気になっていたのでその気持ちをやっつけておいた。

練習会が重なったこともあったけど30kmまで走り通せないで3週間もたってしまうとちょっとどうよってなる。距離の問題じゃないんだけど習慣てこわいなあ。

まあそれにお盆中も絵仕事もらったから色々と調整が難しく、明日は1日また走れないし後のスケジュールも詰まってるぞとなると今日早朝に行っとくべき!

f:id:nvs:20190813145747p:plain

…で、行ってきた。

ひなたが暑すぎ。結局11時前(34度)に帰宅したので帰るなり急いでウェア脱いで水分摂ってっからだを冷やして水風呂でぼけーーーーっとして落ち着いた。

もう峠走の練習内容としてはただただ峠で運動時間・距離・強度で根性養ってる感しかない気がするんだけどこれで倒れないで帰ってこれるのはかなり大事なとこ。ということにしておこう、夏だし。

 

 

峠の途中でホラーっぽいのにでくわした。

写真撮ったのでシェアしたい……

いつもこれに限らず、なんか、あの、よからぬ形に見える形状のものとかあるのでいつも気にしないようにしてるんだけどこういうはっきりB級ホラーチックなヤツもちょっと気が付いてしまった時点で自分だけ怖いのってちょっとあんまりなのでシェアさせてください。写真ちっこくしとくので。

 

f:id:nvs:20190813144101j:plain

あれです。

 

f:id:nvs:20190813144111j:plain

近づく。

f:id:nvs:20190813144130j:plain

近づくんじゃなかった。

遠目に見てる方がまだよかった…

最初女の子のリアルドールかなにかかと思ってたんだけどフードかぶったゴムマスク的な何かっぽい。

怖い。

なんでこんなの作るわけ?群生してないだけまだいい方だと思うんだけど絶対に増えてくれるなよぉぉ…

 

 

15時、旦那が「もう今日どこにも行かないっしょ」ってまったりえびせんとビールでおやつ食べてて、まー真夏に連れ合いがロングでヘロヘロ峠走ってるのにまったく心配しない。素晴らしーなーと思った。ウルトラ対策で去年から週一「どんなにロング走しても絶対に何事もなく帰ってくるのが当たり前!」教育が浸透しすぎている。今後も倒れるわけには行かないので無理なペースでは走らないぞっと。

 

夏休み 子供の帰省

子供が帰ってきたので走らずにお迎えに行く。前日ほぼノルマと化した週一のスピード練習したし休足にして特に朝から走ったりしない。スピードとか全然もー出ない、そして疲労が抜けないし休んで正解。連日眠い。

インターバルの前にこれ見るべきってすすめられて、時間がなかったためインターバルした翌日にみた動画

www.youtube.com

 

キャプテンやばい…帽子のつばにカメラつけて走ってるんだけどそのカメラの様子が…

ガチらんのクロロさんの動画も拝見するけどこんなにブレブレになるほど追い込んでることがないのでビビる。

こんなスピード、自分の足じゃ絶対に見れない画なのでただただ走ってるだけの動画なのにすんごい目を奪われる。そして後半画面ブレブレ・息遣い死にそう、こっちは配信を見てるだけなのに苦しくなるしなんか吐きそうに(笑

スピードこそ違えど昨日のインターバル辛かったなとか脳内再生?脳内再現されて気持ち悪くなるんだけど実際に心拍が上がってるわけじゃないからオールアウト後のキャプテンを見て笑うしかない。

コーチ:その0.5秒を詰めていくんだよ!

こわい(畏敬)

〜イントロおわり〜

そんな怖い動画で昼休みがなくなって、夕方子供を迎えに会社を出た。

バスが到着して子供を迎えたら二度見三度見してくるので最初なんかよくわからなかったけど、

あ!髪切ったから!

そうだよねー物心着いてからずーっとロングだったのがバッサリなくなってるから二度見くらいするよねー、というか似合ってる的な感想なんか言え。幼稚園児のころはかーちゃんかわいいとか言ってたじゃん?(現在二十歳の大学生)

家に帰ると犬が喜んで早速うれション、

よくあのアメリカの軍人が長いこと家を空けて帰ってきたのを喜ぶ犬の動画があるけどあんな感じでクークークークー、ヒーーンヒーーンて鳴いて鳴いて喜ぶし、足元に放つと子供の足にまとわりついたと思ったら勢い余って登っていく。

猫?猫なの?

猫みたいによじ登るので面白すぎて笑いこけた。

夏休みの始まりー

まあひとりごとだし。

ちょっとまえにアラシやってた輩が素知らぬ顔をして何事もなかったように振る舞ってるのが不愉快。

なにが不愉快ってメタ的な観点から何もなかったような状態になってるっぽいのが不愉快だし、忘れられていくのも不愉快。

不快を表明するだけして落とし前つけんと媚び回ってる記事が出てくるのも不愉快。ひとりで走れんのかよ。

こんなまるで増田みたいな日記かいてるけど、増田に書きたい衝動もあるけど私あんまりの完全な匿名で書く主義じゃないからなあ。IDも匿名だけども数年分の人格と習慣がこのIDに残ってるからまあ増田とか通りすがりとは違う。

なんで自分の意見をぶつけないで粘着してんだよと。最初から匿名保険かけて逃げ腰で己の不快を投げつけるだけで対話をする気もなく通りすがりだって?

言及したら面倒臭いのが湧いてくるって感じで空気も悪くなるから誰ももう何も言わないよな、よかったな通りすがり。クズが!

黒森峠&白猪の滝

8月3日

Hさん企画の練習会。HさんFさんIさんと私の4人で黒森峠へ。

白猪の滝の駐車場(無料)からスタート

f:id:nvs:20190806101918p:plain

(ストラバの方では獲得標高700~800m程度だった。1053mもないと思う)
最初の5kmまでは全員でゆっくりジョグ、5km以降で自分のペースで、残り2kmで上げれる人は上げて9.5km地点まで上ったら折り返して下る19km。

Hさんから事前に
きついのと、結構きついのと、メチャメチャきついのとどれがいい?
と聞かれて、普通がいいですって答えといたんだけど、

メチャクチャきついのってどういう内容だったんだろ('∀`;)
延々ともっと先まで上り続けるとか、おかわりたくさんとかだったんだろうか。

まあ、そこらへんは気にしないでおくことにして、なんとか9.5kmを上りきれた。

前日一人で26kmの峠走をだらだらやってたのと正反対の内容で、全部走りきったぞ〜♪

 

5kmまでは'6:30で前半走ってそれ以降は'6:00前後に上げて折り返し地点へ。FさんとHさんが先に折り返し地点までついて戻ってきてもう一回おかわりしてた。早く着いたらその分余計に走るのね…

折り返しの場所で少し奥まったところに湧き水が出てるところがあって、その水で顔を洗ったり頭や首にかけ水してわーわーきゃーきゃー🎶水が冷たくて気持ちいい!!しかし虻がわんさかいるので長居できない!!蚊はいなかった。虻ばっか!!

 

下りは超絶下りが下手な私がドンケツで一人孤独に走り続けました…ゴール前でまたFさんとHさんがお迎えに上がってくれて、後ろから「ラスト上げろーー」「ひー」、「フォームいいよ〜〜」「ぁ、(チェック入ってる!)はぃ〜(ひー)」フォームチェックされながら走りきりましたね。ぇらいよアタシ…よく頑張った

真面目に走ってたので黒森峠の写真は無いです。

 

19kmほどの峠走で一部終了。一旦休憩してから白猪の滝へ。

f:id:nvs:20190806075612j:plain

冬は凍ってます。

駐車場から白猪の滝まで1.5km程度しかないんだけど1kmあたりまで勾配が15%くらいあってもーどうにもこーにもキッツー!でもなんだか、歩くよりは走る体のほうがラクだっていうのがちょっとわかった坂でした。

ラクっていう意味が筋肉+関節をいかに酷使しないで持たせる動きをするか、みたいな感じ?歩幅メチャクチャちーさく小刻みに足を上にあげてちょっとずつ前に進む。まあ2回くらい立ち止まってしまったけど。


白猪の滝にたどり着いたら先に着いてたFさんとHさんが早々に水遊びを始めます。

f:id:nvs:20190805233431j:plain

Iさんは大人の傍観スタイルなので写り込んでない。

マイナスイオンの風が気持ちいい!

f:id:nvs:20190805233445j:plain

一息ついてたら

 

蝶が寄ってきたよ?

f:id:nvs:20190805233520j:plain

f:id:nvs:20190805233528j:plain

f:id:nvs:20190805233458j:plain

 

f:id:nvs:20190805233512j:plain

蝶も一緒にシューズ円陣!

 

この日の峠走はすっごく疲れて帰宅後に昼寝しました。

一人の練習だとノンストップで上りきれないのに誰かと一緒だと頑張ってしまうから上れたわけでヘロヘロ。上れてよかったなあ、ヘロヘロだけど遠足したみたいで楽しかった!

 

 ーーーーーーーーーー

(前日)8月2日の日記

  • 佐古〜五明まで峠走(いつものコース)
  • 薬を処方してもらうため病院へ
  • 電気温水器の取り換え工事
  • 帳簿

黒森峠の前日にいつものコースで峠走。がんばって早起きしたもののスタートは6時20分。あんまり頑張る気力がなくだらだら走って帰ってきた。9時すぎるとやはり暑い。日陰で風がふいてたりすると暑さを忘れて「なーーんだ余裕♪」とか舐めたモードになり日向に出た途端に「すみませんでした」すぐ死ぬ。あの電柱までは止まらずにがんばるぞーーー(考えてるのに)電柱にさしかかるまでもなく歩いてみたりとか脳の指令と体が全然リンクしていない。

 

10時前に帰って、お風呂に入って身支度していつもの胃腸内科へ薬をもらいに外出。 潰瘍性大腸炎も状態は変わることなく調子が安定しているのでペンタサのみ処方してもらった。注腸はほぼ使ってないので全然減っていない。このままずっと寛解しててほしい。

 

14時前、病院から帰ってきたら電気温水器の取り換え工事が始まっていた。

 

去年の1月、正月早々にエコキュートが壊れてお風呂に不自由して以来、ずっといつ完全に壊れるかわからないで騙し騙し使ってきた生活ともこれてお別れサラバ!

なんせお買い上げから17年、故障しても修理するための部品が手に入らない箇所がたくさんあって、選択肢は買い換えるかリースしかないんだけど、うちは井戸水。井戸水対応のエコキュートお買い上げだと工事費込みで90万くらいになるので無〜理〜!レンタルしかありません。 

17年の間、なんども修理の人に来てもらったけど、今後は修理が必要でもサービス込みでのレンタルだから気がラク。お湯もすぐ沸くしホント快適。

 

工事してる作業員さんにお茶出したりしながらたまった領収書を整理して帳簿をつける。フリーの入金状況も把握。この日早朝峠走して病院行って工事の対応しながら帳簿つけたりして、すごい働いてる。

明日3日も早朝の集合だから早く寝ないと、と思いながら帳簿を全部済ませたら23時まわってしまった。夏は週末に早朝ランするのが多くなるので寝不足に気をつけないといけない。

 

7月色々 ロングセット練とスピ練と久々の膝痛

6月後半から金:30km→土:前日のセット練で20km→日:回復走5~10kmで安定して週末ロングしてきてたところで、13日40km練習会がそれなりに負担が大きく、その次の週の38km峠走も結構疲れてセット練はしないで回復走だけにとどめたものの週が変わって23日(月)に5kmTT頑張ったら翌日火曜日に膝痛がでてビビった。

動いた時に痛むわけではなく、なにもせず座っている時にジクジクうずく。凹んでおとなしくランオフ。フォームローラー念入りにやってケトルベル休んで2・2・2の法則で冷やした。2日間2時間おきに20分?氷じゃなくてタオルに巻いた保冷剤だから冷えすぎることもないし、まあ2時間おきに30分くらいずつ2〜3回。

 

翌日午後には違和感もきれいになくなってたのでゆっくり確認ジョグ。膝痛久しぶりだったので焦ったなあ、慢心しないようにしよう。

 

7月、途中からスピード練習は単なる現状維持のためのノルマにした。

現状維持できてるかも怪しいけどやってるだけ偉いぞすごいぞって自分で自分を褒めている。犬が餌を全部食べたら全部食べたね!偉いねいい子いい子って褒めてる(毎日毎回)のと同じ。

f:id:nvs:20190801145258j:plain


いいなーご飯食べただけで褒められるなんて。私も自分にスピ練やっただけで褒めるレベルでやってる。

そもそも去年なんてスピード練習そのものをしてなかったし、やるだけで偉いよ。

 

といいながら31日すごく頑張った。

アップジョグしてから5kmTTスタート

f:id:nvs:20190801133551p:plain

心拍が平均161で上がりきらないままでヒーヒーのゼーハーでよく生還できたな偉いぞあたし。

 

走り出し→嫌だなーとか口走りながら走り出す。閾値で頑張りたいところだけど閾値なんかあっという間に超えるし落としたらMペースだし落とせず上げられずで、抑えてるつもりだけど走り出しで4分ちょい、でも1km(1周)走るとあっという間に'4:35。それでもまだ今日は走れてる方!?

 

2周目→もうキツイ。でも1周でやめるわけにいかんでしょ、1000mTTじゃないんだしセンバルなんて毛頭考えてないし。せめて3周、3000頑張れ

 

3周目→キツイからビルドダウン真っ只中、上げていけないので3周目耐えろ、もう一周したらのこり2周で2周になったらあと1回まわったら終了できる(という1周先・2周先を想像してゴール直前であると脳に錯覚させてあとちょっとと思い込ませる作業)

 

4周目→あと一周してきたらあと一周だから(なにこのトートロジー)耐えろ、残り一周になったら最後だから上げろ上げられるように耐えろ

 

5周目→ゴールまでたどり着け〜〜〜〜

 

ゴール→死んだ

 

まあ死んでないですしオールアウトしたりしないで立ち止まって30秒ほど息を整えてからクールダウンのためヘロヘロのままジョグで一周。二週くらいヘロヘロ走っておきたいところだけど時間がないので一周。700mまでゆっくりジョグでも心拍が150から落ちないので800m手前で立ち止まって30秒程度心拍をよーく落としてから亀ジョグして終わり。

 

もう走りながら「しんどいのは自分だけじゃない」とか「◯◯さんもヒーヒーしんど〜」とか言いながら走っとるしとか周りを誰かが走ってるわけじゃないのに妄想して意識と意欲をつなぎとめて走った。

 

はー(இ0இ`。)、もーしんどーー、

くるし〜〜よ〜〜(;°Д。)

 

ガーミンの計測では今回の23:11が5kmPBなんだけど計測を3秒とめわすれた5月23日の回の方が23:09で2秒速いので2番目に速いタイム。でもこの気温で粘れたのは嬉しい。

 

先週は週末ロングやロングのセット練をしてなかったので疲労が残ってなかったんだと思う。アップの走り出しもいつもより少し体が軽かったもんね。

 

ということで7月結構頑張れたと思う。321km走りました。

f:id:nvs:20190801151025p:plain

 

 梅雨明けてすぐに暑熱順化ランをしておいてよかった。もう今後は夕方か早朝頑張る方向じゃないと危ないと思う。週末は早起きをがんばろう。

 

梅雨明けしたので早速暑熱順化ラン

7月26日(金)

f:id:nvs:20190728105420p:plain
大洗濯して犬の世話をしてたら昼過ぎてしまい、家を出る時間が14時前になってしまった。
14時から15時にかけて1日で一番暑い時間帯なのにちょっと危ない…
できれば午前中には出て昼には帰ってきたかった、でも布団とかベッドパットとか肌がけとか洗っておきたかったし仕方なし。
日焼け止めを塗ってその上にアームカバーをつけ、足はタイツ、頭はランニングキャップ、顔はUVはもちろんつけてからヤケーヌマスク着用!ヤケーヌマスクで首もカバーする。見るからに暑苦しいけどこれが夏日ロングの戦闘服です。
ロングといってもこの日は暑熱順化がいちばんの目的なので20kmいったら合格。

暑熱順化だけだったらロングなんてしなくても30〜40分程度のランで十分ではあるが、週末はロングのルーチンでやってるので運動時間こそ長いけど、強度を落とすことで負荷を軽くする、したいと思った。
強度低めなので峠走はなし。
しんどいペースもなし。
異常を感じたら休む、すぐ修正する、できるなら確認する

そうきめてケトルベル振ってから走り出した。
風があったので暑いけど快適、とはいってもはやり暑い。スタートした時点で32℃。
4km過ぎたあたりから寒気がし始める。タイツを履いてるから見えないけど足は鳥肌が立っていてそのまま5kmまで走った。木陰があったのでとりあえず立ち止まって水分補給して休憩した。走り始めてまだそんなに経ってなかったしこんな初動で寒気ってレースで緊張してる時に近いので、たぶん脳が暑さにビビってるんだと思った。

 

1時間予報では15時が1日のうちで最高気温になっていたから、ここから30分程度持ちこたえたらあとは少しずつ気温が下がる。気温が下がったら楽になる!

 

陰を見つけたらそこまではつなぐつもりで走る。そして道の駅まで行く、休憩したら折り返してショートカットで帰ってもいい ということにしよう。道の駅でアイス食べるぞ!

走り始めたら寒気がなくなったのでキロ6〜6分半くらいでゆるゆると進む。

 


道の駅まで2kmくらいのところで坂に寄り道した。坂はしんどいけど陰があるのでしんどいのはチャラ。

f:id:nvs:20190728105415j:plain

陰天国ーーーー毎年おんなじこと言ってる

おにぎりを食べてみた。普通に食べれたし飲み込めたので脱水はしていない。いいぞ〜補給がちゃんとできてる時点で好調なのを自覚できる。

 

固形のものを咀嚼して食べるとダイレクトに回復するのがわかる。ジェルやスポーツドリンクのような吸収性のよいものとはまた違う方向からの回復で、咀嚼が脳を刺激して意識がクリアになるのと、胃腸も消化モードに入るんだろうなと思う。

 

坂を下りて田んぼ道。陰(逃げ場)なし

f:id:nvs:20190728105345j:plain

そして道の駅ふわり

f:id:nvs:20190728105402j:plain

たどり着いたのでさっそくアイス。

f:id:nvs:20190728105355j:plain
ソフトクリームにするかラムレーズンにするか迷いながら直前でコーヒーにした。


アイス楽しみにしてたけど味があんまりわからなくなってた。
こういう練習日に食べたら美味しく感じる甘さもしょっぱさも濃いくしたメニューあったらいいのになーと思う。
そうだ、スティックタイプの練乳とかシロップを自分でもってればいいのでは?次は練乳を持っといてアイスにかけて食べよう🎶


往路

ふわりを後にして、もう一度往きで上った坂に寄り道した。

f:id:nvs:20190728105408j:plain

 

海抜78mから

600~700m先が海抜10m

帰路はかなりヘロヘロだった。少しだけど頭痛あり。
夏で何がいちばん辛いって、日陰がないところを走ること。

で色々考えてたのが、石川佳彦さんがバッドウォーターで大会記録更新して優勝したこと。50℃のバッドウォーター217kmを21時間33分で歩かずに走り通したんだよなあ、

石川佳彦バッドウオーターウルトラマラソンで優勝〜Badwater Ultramarathon史上最速タイム〜 | ウルトラランナーへの道®️ ブログ

石川佳彦 世界一過酷なバッドウォーターウルトラマラソンで史上最速タイムで優勝 | ウルトラランナーへの道®️ ブログ

34℃で走る気力がなくなるのに50℃ってなんなんだろ、レース3日前に現地入りしてほぼ3日で暑さに慣らせたってどんだけモンスターなんだろう、サポートしてる彼女さんも凄い、50℃だし標高たかいし日陰ないし、まあ私は絶えず飴舐めながら補給切らさずにマイペースで進んでなさいってこった。

この日は飴3つと塩タブも3つ全部忘れず摂った。

 

ーー翌日ーー

27日(土)、夕方ラン。

f:id:nvs:20190728112320p:plain
昨日も暑かったけど今日も日中すごく暑かったので夕方の気温快適すぎる!

時間が経過すればするほど涼しくなるので復路で流しを入れることができた。ここでラクに'4:30とか出せるようになったらいいのになー('∀`)妄想だけやっとく

 

Hさん曰く、キロ5がラクになってキロ5でジョグできるようになったのはフルを3時間15分切ってからだったって言ってたので、やはりまだ絵空事の妄想でしかないな…キロ5でジョグできるようになったら、キロ5で30km走って30km以降からレースペースにあげて6km走りきる練習についていけるのになあ('∀`;)

 

 

 

来週はHさんとIさんも一緒に峠走する予定。またキツそう…('∀`;)

早朝なのでまずは早起き頑張ろ。