ワタシ走れるんだ!

ジョギングと日常の出来事

久万高原マラソン 振り返り

f:id:nvs:20181017002825j:plain

例年より少し遅れて到着。遅れたため駐車場が会場から遠くになってしまった。

f:id:nvs:20181017002828j:plain

会場に向かって坂を下る。

気温9度、町は真っ白、山も真っ白。最初の写真は山の方を撮ってます。

f:id:nvs:20181017002822j:plain

山が全然見えない。(いつものこと)

受付を済ませたらだいぶ晴れ間が見えてきたので旦那に写真を撮ってもらった。

 

f:id:nvs:20181015000029j:plain

(脱線)あ、関係ないけど右のほうの赤いウェアの速そうな人は今年1位の人だ。毎年独走してる。「速そうな」じゃなくてガチガチの速い人が写り込んでました。

バルーンの上部がキレてる(怒  

例年通りの旦那クオリティ 去年の写真はこちら

f:id:nvs:20171106225324j:plain

……去年よりはまだマシになってるのか…

なんで今年はポーズとってるのかというと、Tシャツ作ったからです。ruccaのドライT柔らかくて肌触りいいしGOOD!

 

時間が来たのでぼちぼち並びます。

 

スタート前

f:id:nvs:20181017002819j:plain

1時間40分から後ろにスタンバイ。

 

f:id:nvs:20181017002815j:plain

スタート地点へぞろぞろぞろぞろ移動。

 

目の前で高齢の方の年のインタビューが始まったりして、その中で女子の参加がたった99人と知らされ驚く。少なっ!(パンフレットにあったけど見てなかったので)


しかし1時間40分以上の列とはいえ先頭なのにこの集団(周辺?)緊張感がない。キロ7で行く〜とか話してる。待て、キロ7だったらもっと後ろに下がるべきじゃないのか、1時間40分ラインの殺伐とした空気とかないのか。

自分は去年1時間49分だったから3分更新を目論んでいたので最初から飛び出す気満々なのを抑えて前の方に来てるんだけど、話してる人らだけが単にまったりしてるだけだったのか中高年によくある貧脚ゆっくりスタート詐欺なのか?謙遜に惑わされてはイケナイ。

まったり詐欺に持って行かれないように気を張ってたら、走らない旦那が私の前(ランナー集団の列の中)を通った。向かいのトイレに移動したようだ。緊張もまったり詐欺もかき消すゆるさになごむ。あたしのやってやる感は何処へ…

 

10時ぴったりにスタートした。

先に出す頑張ったラップ内訳丼

f:id:nvs:20181017003101p:plain

 

 

スタート〜
スタートして最初の1kmはゆるく下り。突っ込みすぎてる?わけではなく足がくだりで程よく回っていていいリズムをつかむのにいい出だしだったと思う。

3km〜
ゆるい上りから急に勾配率が上がる。このコースも3回目、きついけど上りは1kmちょっと耐えればいいだけ、ちょっと耐えれば…といいつつ終盤に一度歩きました\(^o^)/歩いた直後に一瞬心拍がガン!っと170まで上がって一気に下がってるので下りに差し掛かる前に息を整えられてよかったのかも(?)

4km〜
最初の壁を上ったらあとはしばらく起伏が続くのみ、がまんがまんでペースを刻む。6~7km区間でちょっとペースが落ちてるけどダレてたのかな?少し辛かった気がする。このあたりまで自分の周囲には同じくらいのペースのおじさんたちが時々前後しながら走っていて、とくに間近の男性の息が荒く、っふー!、っふー!、っふー!、っふー!! と、めちゃくちゃ息が荒い。私も結構ゼーハーうるさい方なんだけどこの人の方が排出量多いし大丈夫なんかな、そのうちペースが落ちるかなと思った。でもずっとほぼ同じペースで走り方で~8kmあたりまで一緒だったのでいつもこういう呼吸で頑張る人なのかと考えを改めて負けないように走った。

9km〜
9km地点までくると、10kmコースの(5km折り返しがある)人たちが混ざるようになる。去年はこの波に飲まれないようバリィさんTシャツのお兄さんを追いかけて走っていた。しかし今年は私の前を走っているハーフの人がいない!自分でペースメイクしないと落ちる、集中しろ集中!って自分に鼓舞してたら、救いの天使が背後から現れた。
長身の男性二人が談笑しながら抜いて行ったんですよ、これは好機だ付いてゆかねば!気持ちの切り替えができたのか~6、7kmでダレてたけど8km(起伏がない)でちょっと持ち直し、お兄さん2人を目で追いかけた9kmはペースが上がってる。ついでにここまで並走していた息の荒いおじさんは後方に。

10km〜下り・補給
下りの手前でお兄さんたちを見失った。引っ張ってくれてありがとう!ここから約4kmの長い下りは自分で頑張る。下りが下手だけどいい感じに足を回せたおかげで'4:38で下れた。練習ではありえない速さ。この下りの最中、エナジー補給してなかったことを思い出してアスリチューン赤(エナゲイン)を食べる。もう一つカフェイン入りのジェルがあるけどそれは14km手前で飲んでしまおう、効果が出るまでの時間を考えたらそこで補給しなかったら意味がない。すごい短時間に2つ分補給した。

14km手前折り返し〜
この下り区間で一人抜いた気がするんだけど、ターゲットにしていた人には追いつけないまま折り返しに来た。14km手前折り返しのエイドで数秒だけ止まった。屈伸運動タイム!走り出すとバラバラと下ってくる人が。なんだ背後にいっぱい人いるじゃん!ちゃんと上らないとすぐ追い越される、そしてターゲットの人はどんどん先に行ってしまう。
ペースを見るとまあまあ頑張れてる感じ。

 

(後半に続く)今日もねむくてしにそうです