ワタシ走れるんだ!

サブ3.5×ウルトラ完走を楽しむブログ

山中で事故車発見→一件落着

f:id:nvs:20210424134351j:plain
3月末に発見した。
2020年12月にここを通った時は無かったのでここ三ヶ月の間に穴に落ちたと思われる。

f:id:nvs:20210424134429j:plain

それから4月に立ち寄ってまだ車が残っていたのでしばらく気になっていた。
まずどこに届け出したらいいんだろう。
石鎚山みたいに山岳警備が配備されているような山ではないので連絡先がよくわからないのだけど→役所か警察か?
ということでまずは敷居が低い方の役場から電話。

事故現場の場所を聞かれるも山中なので住所があるわけでないので話が進まない。のと車両ナンバーがあるので警察に言ってくれのこと。
まーそんなことだろうと思ってナンバーの写真も撮ってるし、場所もYAMAPに印つけて現場がわかるように全部用意済み。届けを出すに当たって2日前には車がまだ残っているか確認しにトレランしてきたし、さっさと警察に届けて終わらせたい。

警察署に電話して事情を話すとすぐに対応してくれた。
まずはナンバーを電話で確認、つぎに最寄りの警察署からお巡りさんが来たのでYAMAPと事故写真(紙)を渡しておいた。車で入るにはかなり道が悪いので少し心配だったけど数時間後に確認できたとの報告をいただいた。

  • 事故があったのは2月頃で事故車は盗難車ではない
  • 運転していたのは高齢者で事故後に車を脱出したあと迷いながら民家のあるところまで下り、彷徨っているところを保護されていた。間違って入り込むような道ではないが、運転時からすでに迷子だった(?)か、事故現場がどこなのかわからなくて車両がずっとそのままになっていたらしい。

いや、もう車が穴に刺さった状態で転落しなくてよかったし、車から脱出した後運転者が転落しなかったのも、山道を無事に下りてこれたのも、保護されたのも全部幸運だったと思う。

なんせ何が気になってたかって、もし人が滑落でもして見えないところで事切れてたりしたら…アタシ絶対祟られるわ。

穴に刺さった車はすぐには回収が難しいと思われるけど、とりあえず自分は責任は果たしたので気兼ねなくトレランします。