読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ワタシ走れるんだ!

ジョギングと日常の出来事

回復が捗る姿勢

ケア

まだまだ膝回復の過渡期だった5月の後半のこと。5月24日にこちらの投稿を見て衝撃を受ける。

f:id:nvs:20160621001318j:plain

(派遣先にて心の中でこんな感じの衝撃)



togetter.com

先にtogetterをブクマしたんだけど元の投稿がtwitterなので上記を最初にあげてます。

(追記)リンク切れ↑

なので元ツイート&図解イラストを引用した記事をいれました↓

curazy.com

まさにこのリンク先図の左の姿勢で何時間も固まってること多し…!

 

 

f:id:nvs:20160621003752j:plain


普段まさにこれ① 作業してない時も太もも椅子のへりにべったり体重かかる&膝さがる② 、バイト先のデスクで対応してみようと椅子の足のコロコロ台に爪先を乗っけてみるも、ずっと膝下に負荷がかかるため疲労ぬけない③。

この日常的な姿勢が膝の回復を遅らせてる可能性大だと思いました。なんせ、バイト勤務終わって車の運転をして帰宅するんですけどバイト終わりになぜか膝の違和感や負担が一日始めより増しており、帰宅時には運転30〜40分の間に少し回復してる感覚・感触があった…!車のシートはそんなに高くないし太ももがべったり下がることもない+シートの接地部分のクッションがいいので負担を感じないから…かな!?

というわけで自宅のモニター作業時に太ももと膝が下がらないように足元に台を置いて実験してみました。

 


子供用の踏み台:床から高さ18cm ④
おお、これいいわ!膝にまったく負担感じない、太ももにも体重乗らない、足が上がった分背筋伸びる!!!
しばらくして疲れてきた。モニター作業するのでどうしても上半身が前のめりになって踏み台から足を下ろしたくなる…。少し高さを低くしてみよう。

f:id:nvs:20160621001716j:plain

座布団丸めておいてみたり二、三試してみて足元は柔らかいものや不安定なものはあまり意味がない感じで、最終的には小さい段ボール箱高さ11cmで落ち着きました。シューズの空箱です⑤。

足を乗っけるだけなので空箱でも充分!微々たるものですが回復にネガティブな要素を一つ取っ払えたと思います。

現在も続行中。