ワタシ走れるんだ!

ジョギングと日常の出来事

潰瘍性大腸炎の経過 

前回ペンタサ錠を14日分処方され今日で14日目だったので経過報告に病院へいってきました。

薬を服用して1週間はあまり変化がなかったようで2週間目で徐々に出血量がへっていて昨日にいたってはほぼ出血がなかった…!一度だけ少量の血が紙につくくらい。なので薬が効いているんだということで量が半分になり一ヶ月分処方されました。

今回のペンタサは顆粒。院長センセが飲みやすい方にしといたから!(^∀^)って

 

私の症状は直腸の部分が潰瘍を患っていてまだそんなに酷くなる前だったからこのまま出血の状態が緩和されれば奥に広がっていく可能性が低くなり治る方向にいける。潰瘍の出血はもしかしたら自覚がある以前からあったのかもしれないけど症状をみるとそんなに何年も経っているわけじゃないみたい。

何か出血多いような気がし始めたのが2014年のどこからかで2014年末辺りで気になり始めて2015年2月にちょっと酷いぞって初めて自覚した。出血が続いてた時期が長かったので春くらいまで憂鬱だったけど全く痛みがなくそのうち出血が減って気にならない程度になっていた。春におさまった出血が7月頃少し増え始める。8月の健康診断で便鮮血が出るのは分かっていて大腸検査を受け、10月のマラソンが終わったあと落ち着くまでに1ヶ月程度かかり(自然気胸に気を取られていた)11月、大腸内視鏡検査の予約を入れるも予約いっぱいだったので坊ちゃんランの後一番に予約出来た日が12月12日(土)。

………(ヽ´ω`)のんきなペースで検査してて悪化してなくて良かった…。もし直腸より奥まで潰瘍が広がってたら治るのも時間がかかるし、薬ももっと色々ちがってきてたし特定疾患の申請出すまでしなきゃいけなくなるとまた面倒だし…このまま回復してなおってしまえばいいな〜貧乏人は病気してはいけない!